FC2ブログ
【レポート】高橋留美子展
職場は翌日から盆休み。その勢いで向かうことにしました^^ヾ
その直後。ラムちゃん大好きな友人からメールが入り、現地で合流することに。
私自身最近は地元付近で仕事をしており
都内へ足を運ぶ機会はさほどないため、その前に秋葉原のソフマップに寄り、
コミケに備えSDメディア・500万画素の中古デジカメを購入。約7千円なり(レジの音)
この予算では最大限のスペックの模様。
現地に到着すると、一直線に会場へ。
フライングして合流前に一度ラウンドしてしまう(苦笑)
メールでのやり取りというやつは姿見えずタイムラグあるわで合流は難しい。
そんなあなたは屁のような(byボヤッキー@ヤッターマン)
それはともかくして、友人と合流すると
まだ観ていないとのことで、もう一度展示を観ることに。
……ちょっと!限定版含めあなた一人で何枚購入しているんですか!(笑)

友人と展示物について会話しながらラウンド。
原画を残されていること、ポスターの原画に使用されている
画材について考えたり高橋氏の絵の変遷など。
友人はアナログ派である氏の原画たちの中で
CG化されたイラストを探し回っておりましたな(苦笑)
直接じっくりお話する機会がこれといってなかったので、充実していました。
歴代キャラのコラボで描かれたOPムービー、
うる星やつら・めぞん一刻・らんま1/2・犬夜叉といった
各代表作品の展示への第1話のまんがが張り付けられた入口。
おそらく原寸大であろう、一刻館の管理人室の復元模型。
全体のミニチュア模型も展示されてありましたな。
個人的には、五代くんか四谷さんのほうがよかったかな。
話中の壁の穴を再現して欲しいとかw……<維持できないでしょう(苦笑)
らんま1/2より、実物の天道道場の看板とやかん。
各現役漫画家さんからのイラスト式メッセージ色紙展示。お題はラムちゃん。
基本的にその方の作品のキャラをラムちゃん風に変身させたような画が多いのですが、
実際に同人誌に出てきそうなものだったり、原作に近い感じのものも。
椎名高志氏や渡瀬悠宇氏あたりが原作に近い感じがしましたね。
まいみくさん曰わく、北条司氏が描くとエンジェルハート。
うむ。作品を観て思わず納得。
いとうのいぢ氏が描くと、ツインテールの結び目のない
初音ミクのようになるのか。こりゃまた新たな発見。
展示会場所狭しと敷き詰められたような感じでした。
グッズ売り場では、ラムちゃんが殆どのような感じがしましたな。
その中で、展示会限定販売の原画集をげっと。
絵の方向性が合っているため今後の参考資料となりそう。
(そうは言っても、私のイラストの源流を辿れば、
必ず出て来る方なのですけれどね(苦笑))
スポンサーサイト



Copyright © 比留間鷹森の世界. all rights reserved.