FC2ブログ
【オリジナル】サンシャインクリエイション39アフターレポート
2008年4月20日に池袋サンシャインシティにて行われた、
サンクリ39こと、サンシャインクリエイション39に参加してきました(^^ゞ
今回はうちのサークルの参加レポートをお届けします(^^)
予定より20分程度遅れましたが、会場には10分程度の遅れで到着……といったところ。
遠回りするところを最短経路で来たもので。
道端で自転車に乗りながら慌てて転んだという自由くんはとりあえず怪我はない模様。
sc39layout.jpg
こちらは、今回のレイアウト。
コミティアに比べ、横にスペースが取れないため、
本は全巻スタンドに立てて並べるよう。
次回サンクリの申込み手続きで金欠になってしまったので、
次のコミティアに備え、スペースで大人しく絵描きをしているようですな。
……すみません。申込み書類を落として総本部の呼び出しを受けたのは私です(苦笑)
申込み手続きやら、飲み物調達やらでBホール内を歩き回っていたら、
コミティアにて文章繋がりである顔見知りの方とばったり遭遇。ご挨拶ご挨拶~w
sc39blocknotponytail.jpg
こちらは、ブロックノートという観覧板のようなノートに書き込ませていただいた挿絵。
2巡目に「好きな絵師」というテーマでお題をいただきました。
絵師……とはちょっと違うように思いますが、
立川恵先生と後藤圭二氏は書かせていただきましたよ(^^)
……自身のイラストを自分で評価する限り、
今となっては見る影もありませんけれどね♪(ちゅど~~ん!!!)
……ちなみに自由くん側は、西部101系でしたな。
自由くんが友人にお茶に誘われていたらしく、
待ち合わせ時間が変動的だったため早退を考えていたのだが、
連絡を重ねる度に結局待ち合わせが延びてしまい
終了まで残る余裕が出てしまいましたね。
池袋の東急ハンズの影に隠れた位置にある
さぬきうどん屋で食事して帰るおまけつき。
ティアズマガジンの購入という予想外の出費で
計算ミスがありましたが、安上がりで何より(苦笑)
それに加え、ブロックノートが直前のサークルさんまで
回って来ていて、上がりにくい状況でもありましたが。

前日の睡眠時間が1時間だったという
自由くんが展示していたイラスト(写真一番右)。
ペン入れのみで彩色なしだったため、こちらではUPできない。
電車絵に要らない力を注いでいだだいても、
少女系ファンタジーサークルのうちは
キャラクターと背景の出来具合のみで判断するため、
例によって例のごとくお持ち帰りいただく。
サンクリ40向けのサークルカットでも同じパターンだったため、
らっきー☆ちゃんねるのごとく何でもアリだと
思っているのかなと思わせる節があり、
モノクロとも言い難い、真っ白絵を極める方向へ進む
といった可能性もミジンコの大きさ程度に考えられるため、
こちらのオールドメイドは、
『アシスタント壱号・白石みのりん』とか
『アシスタント弐号・日下部みきお』などと
名前がつくのかなと、ふと揶揄してみる(苦笑)
とは言え、『背景コンビ』と名乗りを上げることも
許されるレベルでないよなと思えることも確かですな。
……元ネタがわからない方、相変わらずすみませんm(_ _)m

身も周りも少女系ファンタジーののうちで
通り掛かりの方々を目当てに展示するより、
玉砕覚悟で電車でドリフトをしている
有名な電車系まんがサークルさんの
アシスタントに挑戦していったほうが余程価値的に感じる。
反対に、電車が真っ白の場合はそれほど言わないとは思う。
陰影をつけるべきと一言言うかも知れませんがね。背景ですから。

ブロックノート、結局3巡目まで回ってきた。うちのサークルで最後に。
sc39blocknotesensi.jpg
こちらは3巡目に二人がそれぞれ描いたもの。
20080420sc39blocknote.jpg
自由くんは2巡目より参加。
尊敬する絵師の方は星の数と言った返答にミジンコの数と置き換えないこと。
自分がミジンコのような電車イラストを描いているからといって。
『木っ端みじんこっ!(byタイムボカン2000怪盗きらめきマン)』
と叫んで飛び散ってください(苦笑)
もちろんドクロ雲のオマケ付きでw

それはともかくして少女側(つまり、私)については、
ペン入れし陰影をつけた上でUPしようかと考えています。
珍しく描きたいと思っていたアングルに決まったからなのですねん。
次に回す予定だったサークルさんはサークルさんで
スケブの依頼に追われていた模様ゆえにこちらで最終になり、よかったのかも知れない。
こちらの方。GWのティアにも参加されるそうで、
ご挨拶しに行くサークルさんが増えましたな。いい感じ。
創作系にしてはペースが早く感じられたものの、
ご近所のサークル同士での交流を図ろうといった試みは新鮮に感じましたね。

B4一杯いっぱいに描かれたイラストロジックを終了約1時間前に配布されて、
完成できた人は確かに神だよなと思いつつ、イベントは終了したのでした。

(終)
スポンサーサイト



Copyright © 比留間鷹森の世界. all rights reserved.