鉄道博物館開業日訪問備忘録・その1
地元を出たのは、朝6時過ぎの四季彩号使用、立川行き。
四季彩号
普段の日勤と変わらねぇ~~!!!
(写真は、むさしの奥多摩号運用時のもの)
開館時間までの待機中。夏ミケ以来今回私と会うまでにいろいろあった
と思われる自由くんの話を聞いていたときのこと。
前回のあらかわ遊園の帰り道にて、いつもの西武3000系の他に、
201系の話があったことを思い出し
(E233系が運用の約半数以上を占めている現在、
東京駅から地元の青梅線沿線へ乗換えなしで向かう直通電車で
201系でのハードな座り通しを
わざわざ選ぶ必要性はないよな(笑)
といった話)、
偶然遭遇した中央特快八王子行き
中央特快八王子行き
青梅特快河辺行き
青梅特快河辺行き
といった予備の字幕が表示され、撮影したものを見せる。
9月10月で自由くんの検索フレーズ結果があったので、
教えたかどうかそれとなく聞いてみる。案の定、教えていたそうな。
E233系の資料探しをしていたら、
私の日記と夏ミケ3日目の報告を発見したらしく(爆)、
ニュータイプのメイドちゃんネタについて言及してきた。
自由くん「何ですって。オールドタイプのメイドちゃんじゃなくて、ニュータイプのメイド……?」
私「あぁ。自分、ぜーたの世代だから、クワトロとカミュ(カミーユ)の……」
自由くん「一年戦争からある話じゃないですか」
……記事をUPしたあの日から約一ヶ月。
ようやくネタの意味が通じたようで♪(ちゅど~~ん!!!)
……まぁ、私の中でのニュータイプのメイドちゃんというと、
真先に某爆乳少女が出てきてしまうという、
哀しい性を持っていたりするわけなのです←結論
(……久々に出たなぁ、このネタ♪(ちゅど~~ん!!!))
……まぁ、自作小説の主人公の少女レナ
レナ
サイバーブレードをモチーフに改良したものを持たせてしまう(爆)
私も ヒトのことを言えた口ではないんですけれど、
ニュータイプのメイドちゃんづくりと銘打って
メイドちゃんたちへ歴代のガンダムや
ロボットものに出てくる少女たちのように
わざわざ肩にキャノン砲などを装備させるのもどうかと思うんですけれどね(笑)
それをニュータイプとするのもさすがに遥かなる
宇宙大の規模へと永遠に拡がる、大いなる疑問w(ちゅど~~ん!!!)<何じゃそりゃ(苦笑)
鉄道博物館・館内保存車両遠景
……36台の展示車輌を一通りラウンドしたところで、休憩がてら食事。
36台の中では、昔地元に走っていたという
クモハ40
両運転台の半鋼製旧型国電クモハ40
キハ10
と気動車キハ10が印象的だった。
昔の気動車の姿は、今となっても個性に満ちているように感じますな。
自然派のレストランらしい。
食事をする際にテーブルに置くためのネームプレートを渡された。
そこには、特急列車の名前が記載されている。
……私と自由くんは、あずさ号。
181系の時代、食堂車を連結していた記憶が
少しだけあり、それが脳裏をかすめた。
ゆえにそういった関係のものを集めているのだろうと思った。
が、スタッフの方の手を離れから観ていると、
成田エクスプレスの名前もあった。
食堂車が連結されていたかどうか、ふと首をかしげる。
アテンダントさんも館内にいらっしゃった。
メイドにこだわりをもつ、うちの自由くん。
メイド姿の販売員さんをつかまえ、撮影に走る。
特急481系デッキでも最高の笑顔と振る舞いでお出迎え。
それではご登場いただきましょう。こちらです!(ずど~~ん!!!)
アテンダントさんマネキン
つづく
スポンサーサイト
Copyright © 比留間鷹森の世界. all rights reserved.