スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
そうさく畑65へサークル参加してきました。

今回の新刊は内容を予定より縮め
『蒼と紅の交わるとき』ver.1として発表。
完成版はまた後日制作しようかと。
原本の印刷をギリギリ夜行バスに間に合わせ
移動後三宮駅近辺にあるキンコーズにて印刷。
夜行バスがサンボーホール近辺に
到着したのが幸いし、
一路キンコーズへ。
サークル入場時間いっぱいいっぱいで、
何とか間に合わせました。

そうさく畑では『一度観てみる』とのことで、
今回出展した新刊既刊
6冊のコピー本を
すべてお買い上げいただいた方がいらっしゃり、
びっくりしました。
シリーズものの強みかもしれません。

会場を観て回ると、
『自分的原画展』で出展されていた方が
増えていましたな~と。
島と違ってお隣近所で会話できない……
といった難点はありますが、
私も創作でぺしぺしお絵描きできるようになれば、
考えてもいいかもしれませんね。

今回様々な差し入れをいただきましたが、
牡蠣のあめ玉は強烈でした。
一回一つ食べれば、もう充分かと(笑)
ゲテモノ攻めにハメラレタ……(苦笑)
スポンサーサイト
Copyright © 比留間鷹森の世界. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。