【ホークス】まさかというよりも
必然なのでは?
……とスカイマークでの熱中症で観客が運ばれた試合を
直接観戦しながらの経験を通した上で思いました。

2010年9月10日●ホークス1-2ファイターズ○の試合。

バントで1点を取りに行く戦法に執着をもちすぎて、
ビッグイニングを作りにくくして
傾きかけている流れを掴めず、
得点なし若しくは相手にとって
あまり気にならない程度の得点に止まらせ
守備も攻撃も緩慢になりエラーを呼び込んでしまう。
とくに本多選手。
そして投手陣が踏ん張りきれなくなり、
大量失点または致命的な1点を貢献してしまう。
今回の決勝点となるスクイズも、恐らく未警戒。
数点ビハインドの展開で送りバント
ということを繰り返しているようでは、
首位追撃など夢のまた夢になってしまうことでしょう。
チャンスはあるだけに、
ここ一番での集中力をしっかり振り絞っていただきたいものです。
スポンサーサイト
Copyright © 比留間鷹森の世界. all rights reserved.