【ホークス】勝負は明日……といったところでしょうね。
2010年7月31日●マリーンズ5-14ホークスの試合。

うちのまいみくさんが駆けつけられたという試合。
私自身はネット中継で途中より観戦していました。
両先発投手とも相変わらずかな?
……といった感想を持ちました。
杉内投手はもちろん、
吉見投手も吉見投手で守備陣に足をとられたとは言え
一度リズムが崩れると歯止めが利かない。
そんなふうに見えました。
里崎捕手のホームランは、
変化球を連続させた闘志秀則のリードミスかと。
彼はライトへのレーザービームもありました。
……それでも9回の高谷捕手のリードを観ていると
スタメンは安泰になってしまうのかな……と。
水田投手、明らかに投げにくそうな雰囲気で
最初ストライクが入っていませんでした。
二番手で登板した金澤投手のテンポがもの凄く好かっただけに
くっきり浮かび上がっていて
残念な点でありました。
金澤投手も金澤投手で、もったいない場面で登板してるな~
とも思っていました。

もう一つ感想を言わせていただくと、
『これだけ打ちまくって、明日大丈夫?』
といったところ。

杉内投手のテンポのいい投球で
攻撃のリズムも自然とよくなるのはわかりますが、
明日の先発は奇跡のあの男。
願掛けを兼ねたオクラはいつも通り食しておきますが、
ロースコアの展開ではちと厳しい話になりそうなので、
非常に気になるところであります。
山田大樹(まさき)投手がバースデー登板で必死に作ったこの流れ。
きっちり援護していただきたいと思います。
スポンサーサイト
Copyright © 比留間鷹森の世界. all rights reserved.