スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【ホークス】奇跡の小椋+堂上の雁ノ巣バッテリー見参とな。
奇跡の小椋投手シリーズも今回で9回目。
剥がれたメッキのあとに出てきたものは、
金か銀か。
はたまた泥か………?
その話は置いておいて。

結果は0-7。
ファイターズ・武田勝投手相手に完敗でした。
勢い付けの津守が、思いっきり
的を外してしまっているような感じ。
堂上捕手のリード云々以前に、
小椋投手の手が雨でもないのに滑りまくって
四球を連発して投げる球なく、
教科書通りの野球をしてくる打線相手に
教科書通りに長打を簡単に許してはね……とは思いました。
今日飛び出した安打を励みに
今後も勉強していってほしいところ。

加えて、陽耀勲(ヤン・ヤオシュン)投手も
投げるイニングやタイミングを
固定していったほうがいいでしょうね。
今の登板を観ていると適材適所とは言い難い気がしますし。
そういった不安定さが投球内容に
出てしまっているような気がします。

あとは、ホークス打線が教科書通りのことを出来てくると
いい試合展開になってくると思いますが、
まだまだ時間かかるでしょう。
ともあれ、忍耐の日々が続くと思います。
スポンサーサイト
Copyright © 比留間鷹森の世界. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。