FC2ブログ
【プロ野球】2009年の新人王が発表された模様。
ジャイアンツの松本選手とホークスの攝津投手。
おめでとうございました(^-^)/
松本選手。育成枠出身野手で1年目の先発初出場時に三ゴロの際に骨折。
そのまま二軍暮らしが続き、2年目の今期に休み休みながらも
チャンスを生かし活躍。個人的には日本シリーズ第6戦・6回表のときの
2点目となる小笠原選手のライト前ヒットに
ライト稲葉選手がもたつく間の一塁からの生還にはびっくりしていました。
今後は出場機会を増やすため、スイッチヒッターに挑戦されてもいいのでは?と思ったりします。
攝津投手は、新人ながら年間で約半数に当たる年間70試合登板。
勝利の方程式「SBM」の一角として彗星のごとく現れ
きっちりフル稼動……ということで文句なし。

都市対抗で戦う勢いでそのままプロでも頑張ったような感じですかね。
ホークスには同様のタイプで藤岡投手・久米投手といったメンバーがいますが、活躍した翌年以降はなかなかどうしてぱっとしない。
投げすぎ感が否めないので勤続疲労に伴う怪我には充分注意していただきたいですね。
でも、登板間隔が空くとダメなタイプだそうなので、首脳陣としては悩みどころかと思います。
ファンとしても、来年は冷や冷やさせられるかも知れません。

二人ともまだまだのびしろというものを感じさせられるので、
より精度を高めていって日本球界を盛り上げていっていただきたいと思います。
スポンサーサイト



Copyright © 比留間鷹森の世界. all rights reserved.