スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【備忘録】けいおん二期の録画予約が終了。
今後しばらく放送のない、
アルフの録画終了直後にしました。
4月6日の深夜1時……やから、
4月7日のAM1時……でいいのかな。
間違えないようにせえへんと。
スポンサーサイト
【ホークス】1イニング10失点を含む大量16失点にて大敗。
2010年3月22日○ファイターズ16-5ホークス●の試合。

今年も混戦になる予感を感じさせられた試合。
ファイターズが大量リードしておいて、
最後の9回表に閉店間際の大セールを提供してしまうあたり、
ある意味、締まりがないなぁ……とも(苦笑)
ファイターズもエラーが目立つな~というのが、
3連戦の結果をみて思ったこと。
今年は接戦を落としやすそう。
ホークス側としては、助かりますかな(苦笑)
今日は勝利の方程式SBMを3連投させずに済んだかな。
そう捉えておきましょう(苦笑)

それだけ、開幕戦における重圧は相当なものなのでしょう。
とくにスタンド席からの声援に対して。
ある意味、相手チームよりも敵になる可能性大。

先発のホールトン投手。
札幌ドームの雰囲気に呑み込まれて
思わずカリカリしてしまったのかな……とは思いました。
ファイターズキラーとして投入されたが
次以降もファイターズへの登板あるかな?

5番手として登場した久米投手は
制球がまったく定まっていなかった様子。
即二軍行きになってしまいそうな感じ。

正直な話、反撃が遅すぎるとは思いましたが
その中で新加入のイ・ボムホ選手が2安打。
当たりが出てきたのは、収穫かと。
当たりが出始めると止まらなそうな選手なので
イノシシのごとくハッスルしていただければ……と。

今年はセの開幕を待った上で次のカードを始めるそうで、
これからしばらく時間が空くようです。
この期間に軌道修正していただき、
新たな連勝をスタートしていっていただきたいと思います。
【プロ野球】ビデオ判定のお話。
2010年3月21日
○ジャイアンツ5-3ベイスターズ●の
オープン戦の試合にて
日本プロ野球でビデオ判定を初導入。

その試合にて、スレッジ選手の打球が
一度フェンスに跳ね返った打球と判断されたものが
ビデオ判定の対象となり、
確認の上、スタンド席より
跳ね返った打球と判断され
認定ホームランに。
ビデオ判定の効果てきめんなり……と。
……ですが下手すれば、審判団の存在意義まで問われかねない
この一問答。
果たして、喜んでいいのやら悪いのやら……(Θ_Θ)
Copyright © 比留間鷹森の世界. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。