FC2ブログ
【まんが】舞勇伝キタキタ第7蓑感想
読むのが3月の頭以来ですっかり遅くなってしまったのでアレですが、
表紙から『キタキタ踊り花見バージョン』とは、
こりゃまた変わらず飛ばしまくっておりますな(苦笑)
リッチな雰囲気から一夜明けると貧乏村に化ける……。
『ドラゴンクエストIII』に出てくる、
テドンの村でのイベントのアイディアを脳内変換させたものでありますかな。
……テドンの村そのものも元はあると思いますが、
原作の方がドラクエ4コマ出身ですしの(笑)
そう捉えときましょ(苦笑)
で、ヒロインがキタキタ親父にレンガ壁へ向かってぶっ飛ばされ、本人も瞳輝かせ喜ぶ……か。
立派な変態フィールド一丁上がり……と。
話の最後のほうで、旅する3人(主人公・王女・親父)はモンスターに遭遇するが、
キタキタ踊りというものはそれに限らずやってきたもの
すべてに対して警報ランプのごとく反応するべく
出来ておるわけでありますね。わかりま(ry
スポンサーサイト



Copyright © 比留間鷹森の世界. all rights reserved.