FC2ブログ
【ホークス】『予想外の』交流戦初優勝(苦笑)
交流戦 ソフトバンクが初優勝
(2008.6.22 毎日新聞記事より)

シーズンの頭から、大黒柱的な存在のレギュラー陣が次々と離脱し
慢性的な戦力不足の中、貧打線だった打撃陣のテコ入れをはじめ、
若手の長谷川選手らが台頭し粘り気のあるチームとなって来ましたね。
……前日の敗戦の時点で、自力での優勝は無理。
最終戦を一度逆転されたものを追いつき最終回に勝ち越し、フタを開けてみれば初優勝。
つづきを表示
スポンサーサイト



【雑記】私が観に行く予定だったプロ野球の試合
今さらながら思い出したように書かせていただいています(笑)

先日友人からお誘いを受けていた、6月21日・神宮でのオリックス戦。
東京ヤクルトが勝たせていただいた模様。
私の身の回りが急変してしまったため、観戦は叶わぬものとなってしまいましたが、
コスプレーズのメンバーも夜勤明けということで観戦は中止にしたそう。
試合そのものは行われてしかも東京ヤクルトが勝たせていただいていたのに、残念でした(苦笑)
つづきを表示
【ホークス】伏兵
最終回に一時勝ち越しとなる松田選手の一発が出ましたが、
今のホークスでは、却ってサヨナラ負けの要因を作ってしまったかな?とは思っていました。
……やはり、打線がもっと奮起し我続けとばかりに一気に畳み掛けないといけませんな。
あとは、守護神抜きの投手陣がいい意味で開き直りが出来るかどうかに掛かっているかと。
大道選手や木村選手といった、ベテラン・中堅メンバー。
ミスターの言葉をお借りし例えるなら、まさしく『くせ者』にしてやられた……といったところですな。
こういった修羅場を乗り越えてきた選手が活躍するのは個人的には嬉しいが、心境としては複雑。
彼らと似たような立場にある佐藤誠投手も12回をピシャリと締めれば言うことなしでしたが、
今シーズン2回目ということで、まだ責めることは出来ない。
投げられただけでも収穫だと思うので、次以降の登板機会に期待。

ホークスサイドとすれば、交流戦の優勝の可能性がまったくのゼロになったわけではないので、
最後まで、目の前の試合に集中していただきたいところ。
……優勝することに越したことはありませんが、
これで今シーズンの全日程が終わるわけではないので、
つづきを表示
Copyright © 比留間鷹森の世界. all rights reserved.