スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
うぬぬ……
夏のイベントのオフセ〆切の話。問合せしたのはいいが、
ミケもティアも昨年より一週間以上早い。……対応出来るかな?(苦笑)
スポンサーサイト
コミティア81申し込み終了報告
表題の通り、申し込み手続きが終了しました(^^ゞ
とりあえず、いつもながらのぎりぎり。
かといい、必着と消印有効を
勘違いしているわけではない
のであしからずw<何のこっちゃ
コミティア81用カット
画像は今回のサークルカット。インク切れのためとはいえ
厚めの両面フォトマット紙にレーザープリンタでよく刷れたもんだ……orz
寿命縮めてしまったかな?(苦笑)
キャラは第1巻で登場したNPCの中の一人。
10歳くらいの健気な女の子をイメージしたもの。
今流行りの(?)ツインテールとはちと違う。
何故第7巻の表紙として登場するのかはネタバレとなってしまうので
オフレコということでご了承願いますm(_ _)m
シャープペンにて描き始めてから3~4日。やり直しは全体像で3~4回程度。
週末は忙しいというのもありますが、描くだけでわざわざこちらの日記をお休みさせていただくほど
生命力を消費してしまったイラスト。ん?生命力?まさかね、あはは……(空笑)
今回のイラストが今までで一番良く描けたな……(苦笑)というのが今回描いたものへの率直な感想。
使い古したペン先と使って間もないペン先とを併用してキャラを描くことなんざ、知らなかったもので。あはは……(空笑)<未熟者めが。ふふふっ……w
そういえば、立川恵先生のコマの絵を中心に参考にし、
アレンジしたにっこり笑顔を描くのも初めてなのです。
それだけ私の作風はウェットかつ灰色色を中心に据えた
曇りがかった雰囲気のあるものだったりします。
けれど、PCの女の子たちが比較的まったりのんびりしているので、
作者の私が読んでいてさほど重く沈むようなことはありませんけれどね(笑)
話を戻して。私自身そろそろペン慣れもしてきたと思うので、
二次創作の聖良(怪盗セイントテール)なり那智(夢幻伝説タカマガハラ)なりが
夏ミケくらいにこのくらい描ければOKかな……?と思えたりします。
二次創作については落選したとはいえ、
配布用に何部か自宅のレーザープリンタで刷って(GWのコミティアの応用)用意しておくつもりです。
ま、私にとってジャンルが何であろうが、自己鍛錬のための同人誌活動ですしね。
こちらの画像については長編少女ファンタジー小説
『心の扉』の最終巻となる第7巻(完成版)の表紙を飾る
イラストのサムネイルを兼ねておりますm(_ _)m
今のところ画像の女の子以外の部分のペン入れがまだで仕上がっていないものの、
元絵はセクションペーパーをセブンにてコピーしたA4サイズの紙。
それを冊子のA5に合わせ縮小をかけて……といった感じで進めていく予定です。
そして夏ミケ合わせでオフセにて発刊できればいいが……。
昨年普段のコミティアローテを崩し夏ミケ合わせにしたところ
何とかなったとはいえ非常に慌しかった記憶があるので
余りやりたくないといった部分もあります。
日本プロ野球の先発投手で言えば、中6日のローテーションで
投げていたものを優勝もかかっていないのに
いきなり中3日でスクランブル登板していたようなものですしね。

心の扉については長編で年月(7~9年)をかけて世界観を作り
(勤労)学生時代からじっくり(……というか、のんびり(爆))
あれでもかこれでもかと考えながら書いて来たものなのです。
完結した今からなら改良できるかもしれませんが、
第1巻が読みにくいのは致し方あるまい、と解釈しています。
そしてイベントごとに確実に発行し投稿など次に繋げていくための
土台を築くといった目標もあり、
ミケのような当落の激しいイベントに託す
ということはある意味無謀かつ危険を意味するわけで。
今年の夏、ミケの文芸での参加を回避し
二次創作ジャンルを選んだ私ですが、
野球衣装での日程の都合・昨年秋のオンリーイベント
(立川の恵感謝祭)のときに出なかった
作品のアイディアの台頭に続く第三の理由であります。
第四に私単独ではお客さんが……いやいや(^^;

とはいえ、今年はそこまで慌てることもない上
予算のこともあるし、〆切日だけ問い合わせておこう♪
合同誌のこともあるので、余裕を見た上でGWに開催された
コミティア直前の段階でやり残していた部分の原稿の再編集に着手する事を考えています。それをこなして本当の意味での完結。
外伝を書く可能性はあるだろうけれど、本編はそこで終了。
……とか何とかいいつつ、締切直前ぎりぎりになって
自分を追い込んでスーパーマリオ的
スターつきBダッシュで仕上げようとするのはお約束♪(ちゅど~~~ん!!!)


それでは
今夜は野球観戦その2
引き続き昨夜も横浜スタジアムにて、交流戦・横浜×ソフトバンクを観戦。
都内での仕事が予定より1時間早く上がり、試合開始直前にスタンドに到着。
昨年の冬ミケでお会いしたホークス仲間と再会し
、空けていただいたレフト席最前列にて
ハレ晴レユカイ・もってけ!セーラーふくの電波的振り付けに
観賞した人が連られるがごとく、
見よう見まねで手振りを添え熱き声援を送る。
埋め尽されているような外野レフト自由席の中で186cmの私が最前列にいていいのだろうか?と思いつつ、ちょこんと着席。細身ゆえちょこん。
はて?私の身長、先日の夏の合同誌の打ち合わせのときにポロっと口に出したと思われるが?
酒宴もあったので、さすがに覚えてらっしゃらないと見える。
ちなみに私の顔はblog・ヒルマン日記なり
ヒルマンサイトのProfileページにあるので
そちらを参照されますよう。リンク・URL紹介などはTOPページへご自由に。
……誰に言っているのかわからないような話なので恐縮ですが、ご伝言までに。
私設応援団である周りの彼らに合わせ、代打で出場した今回ベイスターズファンが踊るのを控えた、
横浜種田選手用応援ダンス・タネダンスをノリで彼の凡退直後にホークスファンの我々が踊る<アブない
(※他にもいろいろあったが、オフレコネタとして中略させていただきます)
そんなブラックユーモアを屈辱で返されたのか、
水田投手が普段まず打たない小池選手に、
今年第1号となるサヨナラホームランを放たれ試合終了。
力投していた水田投手は責められない。
今季数えるほどしか(今季1・4・1号)打ったことのない打者を
褒めるべきところだが、こう言った狭い球場などは特に、
低めをつき丁寧に配球すべきだということを改めて認識させられましたね。
やはり、投球の基本ですね。
だが、審判のストライクの判定に明らかなバラツキが感じられたために、
安心して投げ込めないといった思いも感じ得られましたな。
『今度はすとらいく?あうとぉ?』と首を傾げた場面、数幾多。
かといい判定内容に統一感もない。
もっとしっかりせい。審判団。
飛車角落ちで迎えた交流戦とはいえ、相手選手に意外性があるとはいえ、
シーズン中成績の芳しくない選手3人に簡単に献上するようでは、やはり苦しい。
最後に、喉が少しヒリヒリするのを心の奥に仕舞い込みがらの帰宅。
道中流し込もうとしたミネラルウォータをむせばみ思わず噴き出してしまったのが痛々しかった。
それでは。
今夜は野球観戦
20070619213032
今夜は横浜スタジアムにて、交流戦・横浜×ソフトバンクを観戦。
友人のホークス仲間は明日観戦とのことで、明日も仕事帰りに駆け付けることになりそう。
今回は友人知人を見掛けなかったので冷静に野球を観ていました。
レフトスタンドに到着したときには既に4点取られ
今のホークス打線の調子からすると、ある程度試合が決まったような感を受けた4~7回まで観戦。
翌日の仕事の関係で、途中までの観戦。案の定、直後に追加点取られていますし。
ホークスの若さゆえの投打の噛み合わぬ現状をリアルで目の当たりにした感じ。
せめて中身のない先頭打者四球はやめていただきたい。
流れが非常に悪かった。ランナーを一塁に置いた場面で打席に立った
井手選手が投手強襲の鋭い当たりを放ってもライナーダブルプレーになってしまうほど。
7回に柳瀬投手が三者凡退に切って取ったことがせめての励みになったか。
今後も、我慢しながら戦況を見守るしかありませんな。
2007年春期・イエスタデイをうたって感想その3
今回で今期のイエスタデイをうたっての連載は終了だとか。
瞳の大きな自分の目が思わず丸くなってしまった。
……今回BJ連載分のハイライトとすれば、
浪の予備校での連れ(のような感じのキャラ)滝下が彫刻科の女の子にいきなり告白。
辛うじて名前は教えてもらったが、即KOされる。
しな子は家族ぐるみでの付き合いがあり突然背後から抱き締められ、
気まずい関係にあった浪の家に通い続けることを浪へさりげなく言う。
そして陸生の葛藤が始まり、ミルクホールでの杏子とハルが
会話をしているラストまでへと続く。
どさくさに紛れて仕事中に酒飲もうとするな、ハル
……と思わずツッコミしたくなる私w

原作の冬目景氏。編集部さんにいきなり今回
(計3回・普段は4回構成)で打ち切られたか、
他誌の連載で一杯いっぱいでご本人が断ったのか何かなのだろうな……。
ともあれ、後味が残ってしまったように感じられ非常に残念。
次のシリーズに期待、ということで。

……これで今期のBJ誌連載分についての感想は終りですが、
もう1度くらいイエスタデイをうたっての感想は続きます。

それではまた次回、お楽しみに。
ばいにぃ~~!(ずど~~ん!!!)
創作活動打ち合わせ記録
先日、小説繋がりの友人・北西彩さんご夫婦と
渋谷にて合同誌の打ち合わせをしてきました(^^ゝ
ご当人には言いませんでしたが、
自身は夜勤明けでたまたま待ち合わせしていた
ファミレスの近所にあった銭湯で汗を流し、
小諸そばで軽く食事をして臨んでいました。
我ながらよく身体がもつなとか少々自惚れが入ったことなどを思いつつ、
翌日自宅で沈没していたのはお約束♪(ちゅど~~ん!!!)

さて、その時点で決まったのは以下の通り。

○本のタイトル:青穹(あおぞら)の下で
○フォーマット:A5・表紙裏表紙含め約20P
(うち、私が担当するのは本文7~8P程度と
表紙イラストの一部)・コピー印刷
○部数。こちらは販促用を兼ねたもののため、
うちには10部程度(予定)置くことを考えています。

内容は……少女ファンタジー小説となりますかの。
今現在の長篇小説・心の扉シリーズの外伝のような話になるか、
新しく起こすのかのどちらかになりそう。
ともあれ、作品の雰囲気が伝わる作品であればな、と(^^)
表紙のタイトルについては、相手様の作風が
トールキン風のものかなと感じていたりするので
難しい方の「そら」が採用されたのかな、
と振り返って思ったりしていたりするのでありましたw
……余談になりますが、青が蒼や碧
(ただの当て字に見えるけど……?(苦笑))とならなかったのは、
きっと私の

「なかよし的お花畑(作者本人、はっきりとした自覚なし(爆))」

作風からきているかと(改めて考えてみればそうなんですけどね(笑))
勝手に思ったりしていたりします♪(ちゅど~~ん!!!)
……ということは、少女向け文庫を発表していくと思われる、
小学館・ルルル文庫の方向性になるのかな、とふと脳裏を霞めたり。
これまで作風に見合った出版社さんがない
決してマリみてやBLの方向性ではない
ような感じを受けていたので、一考の余地はありそう。
そういえば、私が日記で取り上げるほどの作品は
これといってないのだけれど、
今立ち読みしている少女漫画とすれば、マーガレットあたりになるのかな。
なかよしそのものは大学になると読まなくなってしまったわけで。
立ち読み出来んし、外注がやたら増え、
昔のユニークさが売りの雰囲気が見受けられないんですよね。

打ち合わせの後は、飲みを兼ねた懇談。
当然終電を覚悟していたので思ったより早く上がったな~といった気分。
案の定、私の地元の終電の一本前の電車に乗れましたしね。
それに接続する最終の中央特快大月行きが
混雑の中立っていても乗り心地に不満のない、E233系でよかった……
(JR中央線は都内から先立川を越えるようになると、
そういったことがけっこう切実な話になってきますね)
地元に戻るとマクドにてメガてりやきなるものを食べて帰宅。
率直な感想を言わせていただくと、
キャンペーン中にあと1回食べるかどうかですな。
何せ前々回のものは一発で終……(以下削除)
前回は2~3回……(以下略)
話を戻して。山形料理を前面に出した居酒屋で、
高校時代の同級生と福島駅で○時間待ちの鈍行で米沢市へ
ふらっと足を踏み入れたことのある私としてはすぐに馴染めた店舗でした。
改めてお話を伺っていると、普段は編集・翻訳などに携っている方で、
一言でいうと、「すごい人達を引き当ててしまったなぁ~」といった感じ。
テレビ画面やラジオの電波が、砂嵐のごとく乱れるようなオフレコ話も含むので
一部省略させていただきますが、今後のためにも色々知っておいたほうがよろし。
作品の方向性が似ていたり、行動性も共通する部分がある。
やはり奥深い縁や意味があってこう言った道へ歩んで来ているのだな、と。
私の小説についても、ちょっとしたアドバイスも受けてきました。
ちなみに夏ミケ2日目付近は池袋にてシティホテルを見つけたので、
そちらへ宿を取るつもりであります。
当日は東京駅八重洲口からの路線バスを利用して
(安いし荷物持ちだから(爆))……と。
……自宅より会場へは片道2時間をみなければならん私。
コスプレや同人誌搬入仕事を含め、
会場内で毎年ドタバタしているのと、
今年は委託の売り子という立場というのもあり、
今年はそれをやめるような感じ。
……案内によると、サークル参加者用に
着替える時間帯が割り振られてあるのか。
では、入場と同時に着替えて駆け付けるようですな。
わざわざ荷物を置きに一度スペースへ寄り道する必要はなし。
初参加の昨年夏は遅刻したのでわから~~ん!!!(どっか~~ん!!!)
今後のイベント参加。直参はミケを少女(青年でもいい気がするけど……(苦笑))FC系二次創作、
(ご挨拶を頂いた方もいらっしゃったし、
ご近所さんがたと仲良くできるといいな(^^))
オリジナルはコミティアなどに振り分けるといった考えをもっています。
予算に余裕があれば、創作文芸も合わせ持つような感じでしょうけれど、
昨年夏の反省もあるしこちらは合体や委託のほうがいいかな、
と思ったりしています。
漫画が描けていれば、きっと創作少女だったんだろうな……(苦笑)とか
空を見上げながら思ったり。
……考えるだけなら何でもアリです、私(ちゅど~~ん!!!)

それでは。
創作活動近況
おはようございます。
今夜は小説繋がりの友人・北西彩さんと渋谷にて夏の合同誌の打ち合わせ。
先日あちら様のサイトにある掲示板にて私の小説についてのご紹介を受けたが、
執筆中、「お花畑」はこれといって意識していなかっただけに、
う~ん……(-_-)何と言っていいのやら(苦笑)
後から花びらを適所に思い浮かべながら客観的に読むと、
確かにビジョンが出てくる……(苦笑)
私のオリジナル長篇小説・心の扉シリーズの執筆で
意識しているのは、こんな感じ。
○疑似的近代日本風・西洋(ところどころでモデルとなっているものはありますが、
日本にありそうな西洋町、といった表現がいいかな?)
ファンタジー世界が舞台。ちょっとSF混じり
○後に時を渡る機能を持つ剣を操ることになる少女が主人公。
そして話の進度により視点の中心者の変更
○冒険……ならぬ交通機関を利用した世界を巡る自分自身を求める旅
○恋愛・百合路線禁止
○PC・NPCという役割は関係なく、齢を経ることによる登場人物同士の人間交錯
……その他はネタバレが絡むので企業秘密と言うことでw
等身大のキャラ・なかよし的ミッション系少女小説……。
ま、立川恵ファンの一人だから……(苦笑)
影響を受けた作品の系譜が、きんぎょ注意報!→怪盗セイント・テール
→銀河お嬢様伝説ユナ→電撃アイドル戦隊ガオレンジャー
……とくれば必然かとw(どっか~~ん!!!)
中略してその先も同一ジャンルの研究のためとはいえ、
イエスタデイをうたって→エマ→凉宮ハルヒの憂鬱
→めぞん一刻→はるなちゃん参上!
→ひだまりスケッチ→らき☆すた、とくりゃ……(苦笑)
今後も続くな、こりゃ(爆)
スレイヤーズ!も書き初めの頃は出ていたのですが、
冊子化に伴うリメイク作業の際に消滅してしまいましたね。
だからというわけではないが、立川恵先生の運営されている
通販サイト(MEGMI-YA)にて、彼女のデビュー直前の2作品が
デジコミ化されUPされていたので
昨年の冬コミの申込みで利用した余りで
購入し読み始めましたw(WebMoney支払いのみ。月額200円)
冬コミ申込み以外では昨年12月くらいに
『私の彼は左きき(麻丘めぐみ)』を
ダウンロードして以来
なので、それまでの約半年間ずっと余っていました。
その2作品。一言で言うと、怪盗セイント・テールより
数段『あまぁ~~い!!!』(ちゅど~~ん!!!)

もちろん約2年に一度行われているオンリーイベント
(立川の恵感謝祭)にて幾度か拝見したことはありますが、
感想プレビューまで書くことは難しかったため、
ちょうどいい機会だな、と思っとるわけでございます。
……話を戻して。
実際どないしましょか(苦笑)
今後も非恋愛を貫くのか、恋愛物を間に挿むのか
一番重要なところはそこでどちらかを選ぶのかということで、
舞台設定はその後ですな。
とりあえず銭湯に入れたら入って、腰を落ち着けて考えてみましょかね。
後日、こちらにてよいご報告ができればいいのですが。それでは。
コスプレイベント参加記録
相方の山ちゃんより、彼の後継且つ弟子に当たる
石川投手こと自由くんとともによみうりランド(東京都稲城市)にて
コスプレイベントに参加してきたという通信が入った。
この日は途中で激しき雷雨があったが、中止にはならなかったそうだ。
仮面ライダーショーに潜入し、代打オレの初広めを行い、見事炸裂。
会場を笑いの渦に巻き込んだらしい。
……2005年11月、仮面ライダー響鬼ショーへ
私と山ちゃんがヤクルト兄弟(古田監督・五十嵐投手)にて
潜入ミッションを実行に移したときは
自分らはそれなりに楽しかったとはいえ、
観客席の一部で失笑が漏れていた程度で不発に終わったとも言え、
関係者諸氏にはハレ晴レユカイ・
もってけ!セーラーふくを揚する京都アニメーションの如く
カオスの世界を演出、提供してしまったといった
痛辣な側面の思い出がある迷イベント参加であった。
が、今回は違ったようである。
1年半ほど前の山ちゃんを覚えていたのか、
関係者スタッフの面々の性分なのかは判らぬが
非常にノリがよく、ライダー氏がキャッチャーの構えなどをし、
それを実況のお姉さんが盛り立てる
といった
図式が成り立っていたようだ。
肖像権などの関係のため写真はお見せできないのが残念である。
さすがは友好拡大団体。その大々的な肩書きは伊達ではないが、
場数や年数を積み重ねていかないと分からないことがネックに思える。
ご協力していただいた関係者諸氏にはこの場をお借りし、あらためて感謝申し上げたい。
秋の番組改編期辺りに再びライダーショーが実施されるらしい。
……山ちゃんは私も合流することによる共演を狙っているようだが、
はてさてどうなることやら。

試合結果は以下の通りとなる。

バッテリー
石川、佐藤、木田ー福川

勝利投手 石川
セーブ 木田

HR
古田1号ソロ

以上、報告終了。

(いつものらっきー☆ちゃんねる風でw)
ではまた次回。お楽しみに。
ばいにぃ~~!(ずどん!)
……ミッション報告形式はさすがに疲れましたn
(じ~っ(プラズマ音)、ぶちっ!)
夏コミ・野球衣装情報
昨日入った連絡によると、私の相方の山ちゃんは
8月18・19日(2日目・3日目)に行われる
コミックマーケット72・コスプレ広場にて
代打オレを突発的に実行に移すらしい。
年間200本安打を放つといった実績を誇る、
安打製造機・青木選手に『ちょっと待ったコール』をかけてしまうという
実際のペナントレース上では無謀と言えなくもなく
大胆かつ相当なリスクを伴うことが安易なまでに予測され
南極へ半袖・短パン姿で探険しに行くことに匹敵する(?)
チャレンジャー行為とも捉えることのできる代打コールといえ、
それなりに注目の的となることが予測される。
……調べによると、友好拡大コスプレ団体・コスプレーズ公式サイトに
反映されていることが確認されている。ご興味のある方はご覧いただきたい。
……プロ野球衣装界を盛り立てる起爆剤となるかどうか、
彼の今後の動きに注目だ。

編集後記

今回はモバイル版西スポ記事を参考に、
スポーツニュース記事風にしてみましたw
初回にしてはいい感じに仕上がったと
勝手に思っていたりします(爆)
いろいろ試してみるもんだ(ちゅど~~ん!!!)
楽しみながら記事にしていきましょw
各サイト更新
小説・コスプレ・少女FC二次創作サークルのサイトにあるイベント情報を中心に更新しました。
お時間のあるときにご覧ください。
小説サークル
http://hirumen5.hp.infoseek.co.jp/komore-bi
コスプレサイト
http://hirumen5.hp.infoseek.co.jp/cosplay
少女FC二次創作サイト
http://hirumen5.hp.infoseek.co.jp/fukakimori
コミックマーケット72当落報告
今回も落選しました。
全体で46000越え中、11000越えのサークルさんが落選。
確率は約2/3の平年並み(?)。
初参加に対しては、相変わらず厳しいな……
年2回となると、下手すればなにも出来ずただ時が流れるだけ。
うちは発行する作品数が少ないから、仕方ない部分もある。
ま、だからコミティアをはじめとする
オンリーイベントの存在があるわけなので、
もちつもたれつ……といったところかな。
余談になりますが、今回から委託コーナーは開設を中止。
そちら様も追い込まれていますな。
と言うことで、6月4日現在、以下のような陣容となります。

コミックマーケット72陣容

8月17日(日)(初日)
友好拡大コスプレ団体コスプレーズ(予定)
ヒルマン(福岡ソフトバンク・斎藤和巳投手(仮))

8月18日(土)
申請していた少女FC・深き森の街角は落選しました。
友好拡大コスプレ団体コスプレーズ
コミックマーケット
山ちゃん(東京ヤクルト・青木選手)
自由くん(東京ヤクルト・石川投手)
ヒルマン(福岡ソフトバンク・斎藤和巳投手(仮))←別行動のため
TFTホール(予定)
山ちゃん(東京ヤクルト・青木選手)
自由くん(東京ヤクルト・石川投手)

8月19日(日)(3日目)
創作文芸・個人小説サークル木漏れ日の部屋
す―37b・NorthWest航空様への委託
売り子として参加しています。
友好拡大コスプレ団体・コスプレーズ(予定)
コミックマーケット
山ちゃん(東京ヤクルト・古田選手兼監督(アウェー))
自由くん(東京ヤクルト・石川投手(ホーム))
ヒルマン(旧ヤクルト・ラミレス選手(!?)or福岡ソフトバンク・斎藤和巳投手(仮))
TFTホール(予定)
山ちゃん(東京ヤクルト・青木選手)
自由くん(東京ヤクルト・石川投手)

野球衣装については、今年以降(?)は相方の山ちゃんを中心に稼働。
私は彼が凹んでいたときに偶然タイミングよく企画を
提案していたような身なので、本来の形に戻った感じ。
私自身野球衣装は纏っていますが、
小説サークル活動を中心に腰を据え・さらに二次創作もはじめるため、
衣装としての参加は初日(+2日目)のミケ、となる予定。
コミケ終了後に同人誌搬入のアルバイトもするんだろうけれど、
3日目に小説側で合同誌の執筆の依頼があったりするため
(自作の小説7巻目のほうかも知れませんけれど……(苦笑))、
TFTやディファなどに行く予定はありません。
なお、3日目に行われると推測する
プロ野球衣装集合写真には参加する予定。

……と、こんな感じでしょうか。それでは。
立ち読み+観賞日記その2
今回目に付いたのは、芳文社刊・まんがタイムファミリーより、
はっぴぃママレード。
そして秋吉由美子氏の新作、同社刊・まんがホームより「あんよ」。
ソフトでいい感じでのスタート。これから盛り上がっていく模様。
こちらの二作の具体的な感想については、次回以降に譲ることにします。

今回は先週あたりに立ち読みや鑑賞した作品を中心にお届けします。
ネタバレ感想文章です。閲覧の際には御注意を。







GA
芳文社刊・まんがタイムきららキャラット7月号連載分

ひだまりスケッチとの二枚看板と評されているそうだが、
ひだまりスケッチの直後という編集部さんの配置ミスだろうか。
それとも私がイエスタデイをうたって・水と銀といった
美術関係の学校を舞台にした作品を
歴代拝見してきているせいだろうか、物静かな感じがした。
映像や絵だったり切れ味のある一言だったり作品により異なるが、
比較的インパクトの強さを求める私の印象では、
ひとひらに近いものがある。

ひだまりスケッチ
芳文社刊・まんがタイムきららキャラット7月号連載分

横浜でのハネムーン気分に浸りながら寄り道する
ご両親に奇襲をかけられるゆの。
ゆのたちの住むひだまり荘の近くで
本人と携帯でメールのやりとりをし、ゆのの
部屋の目の前へとそのまま突進する両親恐るべし。
最近の写真がないから……と、親子で写真交換。
が、二人のラブラブ☆プリクラ写真(笑)を撮るような
ご両親に付き合うのは子供としては辛いですなw
そういえば高校受験でも、お母さんが片道3時間かけて
宿泊先まで連れていきさらに試験の見送りに
試験会場まで行ってゆのが会場で廊下を歩いていても
校門で手を振ってたものなぁ……(苦笑)

(↑参考資料:携帯用電子ブック・ひだまりスケッチサンプル)
……話変わるけれど、ひだまりスケッチの舞台のモデルとなっているのは、
通信制の東京都立新宿山吹高等学校……でいいのかな?
やまぶき高校でそれとなく思い浮かんだのがこちらの高等学校の名。
中学時代、業者の模擬試験を受けていたときに
職業科でもなく近所の都立高校でもないのに
(※当時の都立高校普通科は、
指定された地域にある学校のみ受験が可能でした)
参考データとして成績表に時折上っていた名前だったので、
名前を覚えていました。
目標とは関係なかったので気にしなかったけれど、
覚えていて正解だったみたい。
そしてゆのの部屋にてひだまり荘の各メンバーが
座布団の上で正座し御丁寧に御挨拶。
……宮子の言う通り、ご両親の髪の毛にばってんはありませぬなw
ちなみに私は、ゆののばってんは設定上の都合だと思っていますw。
……うむ、成程。今回は紗英(女の子)がゆの(女の子)との交際を
ゆののご両親に認めていただく回
なのですな。
さすがは少女小説家の紗英。宝塚顔負け(有り得ん!byキョン)
なかなかの男優ぶり。
ひだまり荘ならびにやまぶき高校が
ハーレム社会であることを充分熟知しておる。
よしわかった。いま、認め印を持ってくるからな。
その場で待ってておくれよ……
××「そんなんわけちゃうわ!」(ずっど~~~ん!!!)
↑声のイメージ的には永島由子氏・
今で言うところの茅原実理氏(凉宮ハルヒの憂鬱・長門有希役など)

抜き打ちの家庭訪問は、担任の吉野屋先生にまで飛び火が及んだ。
「好い人たちに恵まれましたねー、一人を除いて」……っていったい誰じゃ~~~~!!!
最有力候補は髪の毛をゆのの部屋へ残した狼娘(?)紗英。
次に突然訪問され、ゆのたちには表情に出さないが、
自宅でアブない方面のコスプレした姿を
ゆののご両親に目撃されたと思われる吉野屋せんせ……

(こういう時に限って冷静(爆))

らき☆すた7話と8話の感想
私が最初に観たのが7話。
新しいものに食い付くのが遅いのはいつものこと♪(ちゅど~~ん!!!)
最初に視る話としては藤子A作品・
アニメ版怪物くんのノリで始まる電波が入りまくった不思議な感じの(?)
OPムービーから思わず理解に苦しんでしまい(笑)、虚を衝かれた気分。
凉宮ハルヒ揚する京都アニメーションならではの専売特許ですなw
……何度か繰り返し観て笑えるようになった。
埼玉県春日部市が舞台のモデル……関東圏は多いな。
『糖武鉄道・糟日部駅』。んでもって、
東武鉄道さんの許可は得ていないわけか。
堀越高校出身・観光会社勤務(当時)のうちの父いわく、
取材許可をいただいた場合、謝礼をいただけるらしい。
10年近く前の話なので、信憑性は不確ですがね。
う~む、マリみてから発した『せばすちゃん』の先入観か……。
こなたの執事なのか、みのるお兄さんは?(苦笑)

つかさが携帯を服に入れたまま洗濯し、故障し涙を流すシーン。
あのケロロ軍曹までも洗濯機の洗いにも強い、
シブトイ携帯ストラップ役として駆り出されてる……(苦笑)
では、やっぱり軍曹。100人乗ってもだいじょう……(やってみろ(苦笑))
着メロにもハレ晴レユカイが駆りだs……(以下略)
この話でこなたがお昼がわりに食べていた
チョココロネに影響され、
ハマってしまう(ちゅど~~ん!!!)

……白状させていただくと、先日移動しながら食べていましたw
だって、自宅から一番近いドラッグストアに1個88円。
食べてくれと言わんばかりに置いてあるんですもの(爆)
この辺り、ひだまりスケッチの宮子と
思考回路が似てる部分かも、
とか思ったりもしますな(爆)
あ、ちなみに胃を荒らさないために
シュークリームやショートケーキを
食べてみたりするような人物です、私(ちゅど~~ん!!!)
缶コーヒーなりイタリアントマトや
ドトールなどの喫茶店に行ってコーヒーをよく飲むゆえに、
この辺りには神経を使ってしまいます、自分。
らっきー☆ちゃんねるも強烈だった。
タイトルコールを示す看板のあと、いきなりあきら(注:女の子)が
ぶちギレし肘をついた姿で登場。
こちらについては、1~8回全てチェックし
その理由についても一応了承済み。
嗚呼、youtube万歳(爆)
消される前に骨の髄まで堪能すべしw
……ん?『まんもすうれぴぃ~』?のりぴー語ぉ~!?

エンディングテーマがカラオケ。曲は中島みゆき「地上の星」。
一体なんなんだ、この作品は……?(どっか~~ん!!!)

8話。録画しているとはいえ、珍しくリアルタイムで観れた。

娘の運動会の撮影に走る父親のインタビューに答える
ニュースを観ている実の娘。う~む。
7話とは対照的に初代FC版ハイパーオリンピックのイメージに一発で撃沈。
体育祭での徒競争相手にそこまでイメージするかぁ?(苦笑)
……とはいっても、他にこれといった
陸上ゲームがブレイクしているわけでも
ないわけで。意外に複雑な出展心理。

この話全体としては、キャラクターたちの短所といえる部分を
表現したかったのだなと思う。
エンディングの初代西遊記のテーマ・
『MONKEY MAGIC』……ですか。曲だけは知ってるけど、
やっぱりわっから~~~ん!!!(ちゅど~~~ん!!!)
世代が違いすぎる!!!


などと、ツッコミどころ満載のハイレベルな問題作
であるように感じていますw(爆)

こちらの作品の主人公、こなた役の平野綾氏。

凉宮ハルヒ役やアニメーション版NANAでの
芹澤レイラ役のようなとげのある言い方をする
ツンデレ的演技の仕方とは異なり、
おっとり娘型の演技。初めて聞いたときは
声が涼宮ハルヒとは相当違っていたため、
わざわざ配役をネットで確認してしまった(爆)くらい。
最初はかがみあたりかな?と思っていた。

らきすた公式サイトでのインタビュー記事を拝見した限り、
ご本人の素の姿に近い役なのかな?とは思った。

なかなかいい感じ♪こちらの日記を書いているとき、
TVKにて第9話を目の当たりにしてしまった私でした。
録画をする東京MXでは水曜の夜に放送。
予告版の先行ムービーを観た複雑な気分。
(引き続きらっきー☆ちゃんねる風に)
では、また次回。おたのしみに。
ばいにぃ~~~(ぶちっ)
Copyright © 比留間鷹森の世界. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。