FC2ブログ
続・東京近郊区間乗車録2
おこんにちは。

ちなみに写真は京葉線内にて遭遇したもの。
20070226150954
元山手線205系初期車。おそらくJRで最期に生産された二段窓車両。
引退が噂されていた時期もあったが、昭和60年ごろの製造でまだ早いらしく
この通り現役。
……引退そのものは、元々短命に造られている
京浜東北線209系初期車のほうが早いと思われます。
各線同士の直通列車が頻繁に運転されている千葉支社さんでは、
こちら200702261509542
やこちら20070226150953
のような方向字幕を一般的にするように考えられているようだ。

つづく
スポンサーサイト



続・東京近郊区間乗車録1
おこんにちは。

何時しかの銀座周辺の改修工事での夜勤明け。拘束時間約13時間。
なかなかどうして気力体力ともに充実しているのにも関わらず、
前屈みをひたすら続け職人さんたちの前準備とその後の復旧作業をしている
腰のみが悲鳴を上げそうな臨界点をさ迷っていた長い一日。
186cmの身長が抱える宿命とやら。
これで横に前にと出ていれば、更に骨は唸りをあげ、軋むことを惜しまぬ姿を
皆間見せるであろうからやや痩せ型の私は、それでも元気でいられるのであろう。
……これ以上続けると、簡単に痛みが退かなくなり
ダイナマイトが仕掛けられた古いビルのように
こっぱ微塵に砕け散るかもしれない<大袈裟
だが、しっかり基は取れたかと思う。
嗚呼私の気分はアスリート(笑)

さて本題に入るとしましょう。
夜勤後、私は日給を取りに行く時間の
合間を利用し、鉄道小旅行の計画を思い描いた。
結局翌週にも同じ現場に入り2回に渡り同じ行程を執り行うことになった。
2回目はほぼ定時に上がり体調面でもさほど問題はなかった。
話は1回目に遡る。
残り約5時間という、外出している身としては
過ごし方がよく分からぬこの中途半端さ。
東京近郊区間広しと言えど、これではさほど遠くへは行けない。
ふと地図に目を通すと、JR京葉線の東京地下駅が目に留まった。
……この駅は東京という名はついているが、有楽町に近い。
東京国際フォーラムの最寄り駅とも言える。
現地から歩いていっても約10分前後。出発地が決定した瞬間だった。
運用を直前に控え試運転を重ねているという新車、
E331系の模様も撮影してみたいものだ(爆)といった感情も
心の奥底でうずき始めたのであった。
200702261323362
まずはじめに最初に乗車した京葉線。
車両は元中央総武各駅停車(通称総武線・黄色い電車)の201系。快速蘇我行き。
初期車が入っていたのは知っていたのだが、
量産車が入っていたのには初めて気付いた。
20070226132336
こちらの扉と乗務員室との間に小窓が付いているのが初期車。
こちらは量産車。確かATC機器か何かを設置するための
スペース確保のために埋められたのだと思った。
E331系。習志野電車区にて眠っていたのを発見。
試運転を確認できる時は来るのだろうか。
蘇我駅で乗換えの際に駅ナカにある立ち食いそば屋で食事。
天玉そばを頼み、
20070226132335
味がよかったため記念撮影(爆)
麺の堅さが軟かすぎず丁度よい。とくに汁のベースとなる
醤油の味が滑らかで食が流れるように進む。
醤油の産地を抱える千葉ならではか。

この日の高崎線より移籍してきたボタン付き車両211系。
千葉より東金線へ直通する列車にて遭遇。

つづく
Copyright © 比留間鷹森の世界. all rights reserved.