FC2ブログ
HJ小説大賞
おこんばんは。

今年2回目の出版社さんへの投稿が終了。
投稿は今年が初めてなので、これでよしとします(^^)
次回は電撃さん辺りかな。

勢いあまりに日付変更線を越えおまけに上りの終電を逃し、
隣り町にある24時間郵便局の時間外窓口へ
片道40分以上かけて自転車で行ってしまいました
が^^;、
勘弁してやってくださいませ、編集部様m(__)m
次回以降は越えないように頑張ろう!(笑)

今回はこれまで約7年以上に渡り書いて来た、
同人誌シリーズ・心の扉既刊5巻をプロローグにあわせ編集したものと
一人称を意図的に使ったプロローグと
次回以降のコミティアでの発表を予定している、
第6巻の内容を加えた構成としました。
計99ページ・原稿用紙換算約350枚以上。
7年以上経っているのは、生活に紛動されていたり
舞台や細かい設定などに行き詰まっていた時期が多くあったため。

同人誌化する際には、かなりの編集が必要。
省略した部分や最終巻での書き下ろし部分に
矛盾が熱を加え続けた水のようにボコボコ出て来て
色々書き足す必要性があるんですよね^^;

冬ミケ、受からんで正解だった(笑)
ティアならまだ時間はあるので、
しっかりしたものをご提供出来るかも知れませんね。

ちなみにこちらの大賞。
40×40で70~100枚、400字詰め原稿換算で
280~400枚とあるんですけれど、
実際にWord2000で編集すると、40×40の設定では換算で規定内に入っても、
どうやっても、所定の枚数に納まりません。
で、どうしたのかと言うと、20×40の2段構成に設定し、
ようやく収まりました。
虚を突かれた感じがしましたね。
1ページあたり40×40には変わりありませんし、
段数に規定はなかったので、大丈夫でしょう。
これだけでも、こちらの大賞に投稿した価値はある気が。勉強になりました。

これに伴い、話の内容を受け、提出用にタイトルを変更しました(^^ゞ

「心の扉を描く時間と旅の物語」

長いです(爆)

サブタイトルは、なしにしました。
サブタイトルにはあまり頼りたくなくなって^^;
とは言え、同人誌版のサブタイトル・「遥かなる時間(とき)の中で」よりは
話の内容が分かり易いタイトルかな、と思いまして(^^)

ともあれ、次へ向って頑張ります。それでは。
スポンサーサイト



Copyright © 比留間鷹森の世界. all rights reserved.