ヒルマン・だいじぇすと
20060930130941
●行く先の現場周辺にて、小さなカレー屋を発見(写真)。
京王井の頭線・駒場東大前駅西口付近にあるLUCYという小さな兼喫茶店のようなお店。
ワンコインでチキンカレーが楽しめる。
他に野菜カレー、タイカレー、グリーンカレーなど。
私が頼んだのは野菜を摂りたく、野菜カレー。
野菜は日替わりのようで、この日はパプリカと赤ピーマンが中心。
具も大きく、歯応えもよし。値段にも味にも満足した一品でした(^^)
●先日仕事で築地市場を通り掛る機会あり。
海鮮丼屋へ帰りに寄道して行きたいと思うが、
サービス時間を過ぎており、断念。
だが、その翌日JR恵比寿駅西口改札を出て右手のガード下にある、
海鮮丼のお店・とと兵衛でそれが実現となった。三色丼大盛りでも600円。
鮭の生臭さが多少気になったが、美味美味。
女性客もあり、会話も弾んでいたように思う。
比較的入りやすいお店なのかなとも思ったり。

●先日、東京富士美術館(東京都八王子市)へ
「だいすきDAISUKI犬と猫展」なる展示会(9/24閉幕)に、
友人2人と観賞に行ってきました(^^ゞ
普段のナポレオンやらユゴー(ヴィクトル=ユゴー)辺りの展示会ならば年間パスポートを購入したりし、
自ら単身ですすんで4~5回は行っているはず(苦笑)なのですが、
今回は隣町にある東京ムツゴロウ王国さんのゲスト出演が初日にあったのにもかかわらず、
終幕約1週間くらい前。
親子連れであったり興味がある人と同行でなければ行きにくいな^^;と思ったり思わなかったり。
今回はその興味がある友人たちとの観賞。
愛犬を抱える女性が、プリズムで浮び上がる作品がとくに印象に残りましたw
オバケのQ太郎の映画で立体メガネを掛けていた頃から較べると雲泥の差に感じたのです
(較べるもんじゃないとも思ったり(苦笑))

●先日結婚式に招待していただいた方と某乗換え駅にて偶然目が合い、乗ったままで失礼ながらも一瞬だけご挨拶をさせていただいた。
自身は貧乏人故、有料通勤ライナーを2本パスする(苦笑)ため、乗換えなしの快速電車に引き続き乗っており、彼は次の有料通勤ライナーを待機。
「頑張れ!」と励まされる。
う~ん、気まずい(苦笑)

以下、つづく?
スポンサーサイト
コスプレーズイベント出演(?)告知
おこんにちは。

次回の友好拡大コスプレ団体コスプレーズ・出没イベント告知です。

2006年11月26日(日):西武園ゆうえんち。
参加メンバー

ヒルマン(東京ヤクルト・古田選手兼監督)
山ちゃん(東京ヤクルト・五十嵐投手)
(城主くん(ヤクルトオリジナル))
サイトは後日更新を予定しています。

ご都合の合うの方は、会場にてお会いしましょう!
夏休みの宿題
おこんばんは。

よくお邪魔させていただいている、「怪盗はAM2:00」より
お題を拝借してきました(^^)
さっそく答えてみようと思います。

夏休みの宿題……。
あまりいい思い出はありませんね。
とくに中学まで読書感想文は純文学などに興味が無く、
鉄道雑誌や漫画ばかり(少女漫画はこの後くらいから(笑))
見ていておまけにFC版ベストプレープロ野球がどツボにはまり(苦笑)
困って歴史雑誌の特集号を拾って来て強引に書いたりして
(みんなの前に出て紹介してくださいといわれた時、何も言えなかった自分^^;)、
どこまでも、純文学は読まなかったと言う……(苦笑)
美術ではデザイン画や模写の課題が出されても2学期末まで徹底的に引き延ばしたり、
自由研究に至っては、朝顔の木彫りでごまかしたり……と、いろいろありました(笑)
ドリル関係はどちらかというと好きなほう。
たぶん、考えなくてすむものだから(笑)

それでも高校の頃には、日本の大正デモクラシー時代の労働闘争を描いた小説、
「太陽のない街」の感想文を書いていましたね(^^)
前半のストーリー解説がやたら目立ちましたが、何か?(何もないです)

生徒会役員やその中での事務仕事・地域ボランティアなど、
誰も評価しないようなやらないような事は率先して取り組むが、
誰もがやるものの中で、自分に合わないようなものは
地の果てまで行ってでも逃げずさる、そんな性格でした。

そんな私が今やライトノベルを書いているとはね……(苦笑)
高畑京一郎さん、神坂一さん、深沢美潮さん恐るべし(苦笑)

それでは。
ホークス所感
ついに3位が確定した今期のホークス。
実力的にはこうなってしまうのか……。と、ショックを受けていた私です。
プレーオフでひっくり返す劇的な展開を期待したいと思います。
とは言っても、連敗中の試合感を引摺って欲しくないと思っているので、
次の楽天戦は単なる消化試合ではないと思います。
着実に強くなって来ていますしね。油断大敵。
3位優勝なら、プレーオフ始まって以来の快挙。
短期決戦ならそれくらいあってもいいと思います。
で、また制度改定……と(苦笑)

創価大出身の八木投手にとどめを刺されたのは何かの因果か。
ともあれ、同志として素直におめでとうと言いたいところ。
新人王は、今年60試合以上登板したホークスの藤岡投手に
手延で差し上げたいくらいですが、八木投手有利かな。
中継ぎの苦労を考えればこそなんですが、

どなたか高く評価する方はいらっしゃいませんか?

以下、ここ2日間の試合の所感です。

きのうの試合はちょっとありえないなと。
私と同い年の7連勝中だった斉藤和己投手が、
力みから初回から先取点を許す最近あまり見られていなかった苦しい、
マンガのように都合の良過ぎる展開
7回はイニングメールを拝見しながら
「はぁ!?」
思わず声を上げてしまうような試合展開。
いくらサプライズな今年の吉田さんでも、今までなら考えられない。
2001年、当時の近鉄さんが北川選手の
「代打逆転サヨナラ満塁ホームラン」
リーグ優勝を決めた試合とほぼ同じ気分を味わいました。
勢いもあったろうけれど、精神的な部分でそれ以上の後押しか何かあったのでしょう。
日ハムさん的には、1勝1敗でいいんだもの。2連敗してもさほど支障はない。

今日はせめて引き分けに持ち込んでほしかったな~
というのが感想ですね。残塁の山は、打線が強かろうが弱かろうがホークスの悪しき伝統ですし。
それを打ち破るためにも。

4連勝すれば一位なのに4連敗して三位に甘んじてしまったというのは、
同じく5連勝すれば一位のはずが5連敗して同率三位になった
(20年連続Bクラスは辛うじて脱しましたが(苦笑))
99年のペナントレースで覚えて以来の悔しさ。
当時は首脳陣に良く分らん対応をされた
武田投手の顔が忘れられませんでした。

それでは。
京王線ダイヤ改定・実乗車考察(上)
20060927194308
おこんばんは。

先日、仕事帰りに新宿駅にある京王百貨店の中にある
啓文堂という書店にて、京王線ダイヤ改定特集・時刻表
(つまり、京王電鉄・都営新宿線をメインに取り扱った時刻表)を購入。
ダイヤ改定後の全列車をチェックさせていただきました(^^)
そして、2回目の乗車。

実は、東急目黒線よりイチ早く乗車してきていたのは内緒ということでw
改定された日時からいえば当然なのですが、その分、中身は濃いです(爆)

相模原線・都営新宿線系統についての考察を
(下)としてまとめたいと思っているので、こちらを(上)としています。
それではどーぞ。

おおっ!京王線・高尾線の高幡不動~京王八王子・高尾山口の全駅にて
始発・終電以外の全時間帯で約10分おきが確保されている
(それまでは特急の接続を受けた区間各停が北野駅で次の準特急に待ち合わせをしていたので実質的に20分おき)!
これはすごい!
主に6両編成で運用される、入庫の上に切り離し作業の必要な区間各停
(高幡不動発高尾山口行き・北野発高尾山口行き)
を削って直通に置き換えたため、運用に余裕ができ、
スリムになったわけですな。
敢えて言うならば、朝方の下り回送の定期列車化運用
(特急・準特急に挟まれた形で走っており、待ち合わせもなく定時で
終着駅付近で2~3分差に迫られている急行高幡不動行き
(↑実際には後続が徐行していると思われる))を
この時間帯、調布で接続を取って上りの都営線直通との関係で
本数の少ない相模原線・橋本方面へ回した方がいいなとは思う。
そうなると、点検や付属編成の切り離し・
その後の京王線側の本数確保が難しくなりそうなので
現状維持にしたものと思われます。

京王ダイヤで気にしていたことが一つ。
高幡不動駅での各停によるフォロー(接続)がないこと。
府中駅での接続はなされており、所要時間的にはある場合とない場合の差は2~3分程度。
急行系列と各停との乗り分けも考えられていると思われ、
経営の合理化としてはよいとは思えるものの、
乗車している立場とすると、このロスは精神的に痛いように感じます。
疲れていたり、時間にゆとりをもちたい方ならともかく、
そうでない場合、各停に乗っている時間はイライラしてしまって
さっさと行けるところまで行って、
そこから乗り継ぎたい気分になるように思いますね。

準特急が北野駅に到着する時間と府中駅で待ち合わせした各停が
北野の手前・長沼駅に到着する時間の差が、約10分。
高幡不動駅にて接続をとると、約3~4分差(改定前)
多摩動物公園と高幡不動を折り返している電車を引っ張り、
京王八王子・高尾山口方面へ流す案については考えましたが、
上り電車が下り線を渡ってしまう(下り電車を駅で待機させる)形になってしまうため、
JR中央緩行線・三鷹駅よろしく、バランスが悪く感じ
(仮に適用するとなれば、
多摩動物公園→京王八王子・高尾山口→高幡不動上り副線
→(回送)→高幡不動下り副線→多摩動物公園の
繰り返しになるものと推測)、
実際には朝晩の本数の少ない時だけの運行となりそうなので、
すでに却下しています。

今回の改定ではそれも大幅に削除され
(特急が激減したため、対北野駅対策と思われる、
高幡不動始発・各停高尾山口行きを削除した関係であると推測)、
完全に分離する方向へと進んでいるものと思えます。
本数の減る始発・終電時のみ、急行高幡不動行き→各停京王八王子行きの化け急を設定し対処している程度。
終わりが比較的早く、ツッコミどころの比較的多い(笑)JR南武線への接続さえしっかりしていただければ
文句ないと思うのは時折接続のはっきりしない同線を利用する人間の悲しい性か。
ハイ。私はいろいろなことをいじったりするのも大好きでございますw

ちなみに
20060927194309
こちらは北野駅での接続風景。アンバランスな(笑)各停同士の接続になっています。
編成数が異なる(京王線急行系統は10両・各停は主に8両)ため、
右側(本線)の8両編成・北野始発各停京王八王子行きが
見えにくくなっていますが、副線ホーム(左)側に
10両編成の各停が入っているのがお解りになるかと思います。
つまり、元準特急。
接続駅で接続をとる場合、通常は逆になっています。
こちらは200609271943092は北野駅の公衆トイレの入口を来たついでに撮影。
上の電光看板だけに目をやっていると思わず
男女を間違えそうな表示の仕方をしていたので、一枚。
入れば解るって?
その後の責任は取り兼ねますぞ。ふふふ……(苦笑)

つづく
東急目黒線ダイヤ改正実乗車記録

20060927114702
(クールな女子アナ風で)次の話題に移ります
(声は永島由子氏(怪盗セイントテール・高宮リナ役。
魔法騎士レイアース・カルディナ役ともいふ)、
または冬馬由美嬢もOKw))。


200609271147022
というわけで、おこんばんは。

東急目黒線ダイヤ改正後、2日目の夜。職場間移動があったのでそれを利用し、乗車してきました(^^ゞ今回の改正で新しく設定された急行をこれと言って待つこと無く乗車することができ、非常に効率のよい実乗車となりました(^^)

……そこの、運転室を2人そろって覗いて急行のスピードについて議論してる女子高生のお姉様方。ヒトのこと「電車おたく」とか言い放っているけど、
あなた方もその域に入り始めてることに気付こうね、
と心の中で呟いたりしていました(笑)

それではレポート開始!

各停との接続は下りも上りも目黒から2つ目の武蔵小山駅のみ。
とくに上りはフォローをする駅が不動前の一駅のみとなる。
細い道が脇に点在し、設備面でもともと厳しい路線。そのためアフターフォローはしにくい路線なのでやむを得ないところ。
目黒線内での急行と各停との所要時間の差は始発と終着間で最大でも5分程度。
通過スピードは不動前は時速2~30km程度。
他の通過駅はお世辞で6~70kmというところか。
ホームドアが全駅で設置されているので、
もう少し飛ばしても問題なさそうに思えますが、
駅間が短いのでそうしているんでしょう。
通過駅利用者の利便性という点については、さほど問題はなさそう。
東急電鉄さんの予告通り、乗客の分散を意識して作られている、
京王井の頭線のそれとほぼ同じ位置付けといえる。
東横線と接続する、武蔵小杉駅・多摩川駅では、
急行系統同士の接続は行わず。
通勤特急(東横線)と各停(目黒線)が武蔵小杉駅でピッタリと接続していたので、むしろそちらの意識の方が強い模様。
そして目黒線の急行の扉が閉まった直後に東横線のそれの案内が流れるという、都内では専ら日常と化している光景がこちらでも見られる。
昼間の急行が30分おきであることも合わせ、この辺は普段使われる方の不満が出そうなところ。
約2年後にはJR横須賀線にも武蔵小杉駅が設置され、渋谷・新宿・品川・東京・千葉方面へ
現行の南武線を使わずにダイレクトにその方面へ向かうことができるようになる。
東横線は渋谷を抱え、さらに新宿三丁目・池袋にも直通できるよう(地下鉄13号線)準備が進められ、
都営三田線・大手町(東京駅の西部)にも直通できるようにした目黒線。
その頃には対抗すべく本数を増やしていくのでしょうね。

東急線・武蔵小杉駅内にある田園そばという立食いそば屋さんで天玉そばを頼み、夕飯を。
関東風にしては、濃く感じなかった。頼めば関西風のつゆに変えていただける。
今度行く機会があれば、うどんのほうも頼んでみますか。

それでは。

200609271147024

※ちなみにこちらは、
1日3本程度運転の(東京地下鉄南北線直通)急行王子神谷止り
(ちなみにこの線の末端駅は埼玉高速鉄道・浦和美園)。
せっかく足を運んだのだし、こういうレアな種類は押さえて置かないとw
フォントの大きさ(上)
おこんばんは。

立川恵先生の同人誌を2年前あたりからほぼイベントごとに購入させていただいている私ですが、
以前から台詞でのフォントの大きさが必要以上に大きい(枠ぎりぎり一杯一杯)ことが異様に気になっていました。
セリフの枠の中に、Windows・MS明朝でいうところの約18pt(←実際にpt表を作り、照らし合わせた)ってのはいくらなんでも大きすぎるなと。
私も小説同人誌をポプルスさんへ提出するとき、フォントの大きさで総ページ数が決定するので尚更感じられてきていました。
まぁ、私の場合フォントの大きさの違いでページ数が変化し、印刷料金が大幅に変わってきて、死活問題になり兼ねないので当然と言えば当然なんですが。
2段で14ptから12ptに下げたとき、総ページ数は確か5~7Pの減。
そりゃぁ、50Pも60Pにも及んでりゃ~<黙れ(あ~ん・ぱんち!)
料金表の境目を跨ってしまうことになりそうだな、と言うことは同人誌出版をされたことがある方には何となくお解りになるかと思います。
余計なお世話だ(爆)と言われればそれまでの話なのですが(苦笑)
昔のコンシュマー向けテキストゲーム(ファミコンなどのRPG・シミュレーションなど)でもそんなふうに神経を(無駄に?)使っていました。
とくにSFC以降のもの。漢字が広く利用されるようになったが、横の限界が13文字程度なので、
もともと文節通りになりにくい仕組みなのだと言うことを知ったのは佐山操氏の本を読んだ後なので、高校を卒業する前付近。
この頃はSFCがテイルズ・オブ・ファンタジア、ドラゴンクエスト6の発表当初で末期を迎え、
PSは出た直後辺り、ビヨンド・ザ・ビヨンドくらいのころ。グラン・ツー・リスモやFF7も出る前の草創期。
考えて見ると、それ程文字にやたら拘っていた私がなぜ文系の学部へ行かなかったのか不思議に思えたり思えなかったりするのですが、
当時の私の中で、「ゲームクリエイター=理系」という方程式が成り立っていたからでしょう(爆)
それに加え、
文系で自分の時間を作って好きなことに費やすことに、必要以上に嫌悪感を抱いていた自分がいたからだと思っています。
家族の目線があったというのもありますがね(笑)
今の生き方……。つまり、自分自身に生きるということとはまったく正反対のことをしていた、7年以上前、自立を果たす以前の私。
そいつをひっくり返すのにどれだけの決断が必要だったのだろう。
周りの方々のご協力が必要だったことだろう。
今振り返ってそんなことを思い出しました。
……いろんな人生があるもんだ(苦笑)
なんだかえらく哲学的になってしまいましたね(苦笑)

つづく
今夜の試合
とにかく、
新垣投手が自分から崩れていったものは仕方ない。
打線も頑張ってはいたし、気持ちを切り換えて前を見るしかありませんな、と自分に言い聞かせる。
私?これから夜勤です。
私も自己の生活に打ち勝たなあかんので。

それでは。
イエスタデイをうたって 感想3・4(下)
おこんばんは。

連載復活後第4回目

トータルで50回目を迎える。ここで再びシリーズ終了との事。
コミックスは来年春に刊行予定。初版限定?で、
ハルのフィギュア付きらしい

以前より編集部さんに対し、その気(け)は感じていました
(コミックスの余白にあるハルのきせかえオマケイラスト)が、
かえって購買意欲を損ねることにならないか?
と思ったり思わなかったりしています。
私自身蒐集家ではありませんが、
どちらかと言えば少数派タイプの漫画を好む性分のせいか(笑)
店舗に並んだら懐を見ながら(苦笑)数日中に買うと思われるので(爆)、
しっかり初版を買おうと思っています。

今回は前回の後の祭りを描いたものだよな~といった感想。
満足はしていないけれど、納得はしているような感じです。
だから読み続けられる理由だと思う。この作品に限っては(爆)
リクオは※しな子に想いを寄せながらもハルの事を気に掛けている。
リクオにとって、ハルは目に入れても痛くない(←表現古いっすか?(苦笑))妹のような存在になってきているんでしょうね。
義理人情とも考えられるが、そこまでの深層心理は見当たらないので(笑)

(中)で書かせていただいた、そんな世界観を持つイエスタデイで
敢えてカップルを成就させるという形のハッピーエンドにするとすれば、※しな子とリクオかな。
すると、冬目氏独特の世界観を崩すことなく
キャラ全体のバランスが保てるような気はしますね。
ハルとリクオではパワーが強過ぎて
しな子が生涯(精神的に)未亡人になる可能性が高い。
しな子と浪は仮にくっついたとしても、おそらくしな子が変わらない。
そう考えると多少なりとも不憫に思えます。
浪とハル?どうぞ別々の人生を歩んでいってください(爆)
利害一致した時だけタッグを組む程度だろうなと思うため。
湊や柚原が戻ってくると、また竜巻が起こりそうです(笑)

ハルと※しな子が姉妹のような関係を保ち、
仲良くそれぞれの人生の年輪を刻んで行く。
平穏なバランス感覚で進んでいって欲しい。そんなふうに思えます。

3回に渡り書かせていただいた今回の感想にお付き合いいただき、
ありがとうございました。
近いうちに、別の作品にて感想を書かせていただくことになります。
そのときにまたお付き合いください。
それでは。

※しな……木偏に品
イエスタデイをうたって 感想3・4(中)
おこんばんは。

まるでマリーのアトリエの冒頭にあるような滑り出しで始まった、今回の感想。
前回の内容は、何のつながりもないように見える話が、しっかりと線となっている。
そういった経緯で私に今回の感想をこう構成させ書かせたという経緯なのです。
というわけで、今回のビジネスジャンプ掲載分の感想です。前回分と併せてどうぞ(^^)

連載復活後第3話目。

今回は主に、
○※しな子とリクオがくっつくことはないのか。
○浪の行動の結果、二人の距離が近付いて来てはいるが、イエスタデイお得意の「結局、なにもなかった」的ちゃんちゃん劇で終了。

について考察しようと思います。

この作品全体に漂う、「現在、今ここに存在する自分の何かを変えようとしている。でも現実、こんなもんさ」的な雰囲気を大切にした上でのオチのように感じます。
タイトルの元になっている歌詞の内容がそうなっているのだろうか。
そういえば、まだ3話目なんですよね。コミックス全4巻を通しで読んでいるためか、
急展開があっても不思議ではないと思っています。むしろその方が自然な気が。
リクオの気持ちも分からんでもない。仮に私も現実同じような状況に立たされたら、
山火事を察した山ネズミのようにすぐさま退散してしまうように思うし、彼の行動に対する否定はしない。

だが、それにもどかしさを感じる私もいる(<だから少女漫画の読み過ぎなんだよ!(爆))

純愛路線の作品ならば、そのままリクオも思い切って手を繋いだりか何かして、

しな子の部屋に入ってベッドシーンへ直行でしょう。

彼女から誘っているので、周りの目は別としてもセクハラでも強姦でもない。
媒体は青年誌ですから、18禁的描写以外これといった障壁はなし。
だが、それはない。
冬目氏ならでは(氏の専売特許?)の描写の仕方。そんなふうに思えます。

つづく

※しな:木偏に品
イエスタデイをうたって 感想3・4(上)
おはようございます。

世間は松本被告が死刑だの、秋篠宮様のお子さんが産まれただの、プルートゥーが惑星から外れるだの騒いでおりますが
(私的には某セーラーお仕置ちゃん達よりも、アトム伝説を描かれている浦沢直樹氏がこれを受けてどう対応されるのかが気になっていたりします)、
こちらは何の関連もなくのんびりとした時が流れ、立川先生の掲示板とblogで自分の恋愛観が丸分かりになりそうなコメントを連発していたりと、
独自の文化を築いていってます、といった感じですね。
立川先生の影響もありますが、だいぶ変わって来たな、私。小さな『人間革命』と言われるものなのかな。

とりあえず、「怪盗はAM2:00」での自身のコメントネタから。

高校時代、約2年間にわたってとあるクラスメートより、いわゆる「好き好き光線」を受けていました。
中途半端な進学校であるうちの高校にしては、そこそこ顔立ちもよく声も掛けられていたし、
悪い感じはなかったのですが、かといってこちら側に高ぶる感情も顕れず、
二人きりになるような接点があったわけでもなく、惹かれるわけでもなく
手を握り締め抱きしめる(←ただのセクハラ)わけでもなく
口付けを交わすこともなく(←しつこいようですが、これもセクハラ(爆))
草むらから16歳くらいの男女が二人で出て来て、女の子が

「ヒリヒリする」

とか言っていたり(←何やっとるんじゃ~~!!(ずど~~ん!!!!))
時はそのまま流れ、卒業まで通り過ぎていった記憶の破片(かけら)が残っています。
そのときの彼女、何だか私のマネージャーのような雰囲気はあった気はしますね、

今振り返ってみると。

恋愛観バレバレ(爆)

しっかし、午前中からこんな妄想じみたこと書いていていいんだろうか?(謎)

つづく
コミティア東京78
おこんにちは。
ここ最近、夏場の疲れが出て来てバテ始めて来ている感のある私です。
ばったり倒れないように休み休みながらも、何とか手続きをしたり、(妄想に近い?)返信を出したり、パソコンに向かって原稿を処理したりしているような状況です。

とかなんとかいいつつ、うとうとと……<お~い!

昨日昼間、現場先の某郵便局にて秋のコミティア東京の申し込みが終了しました(^^ゞ
先日UPしたサークルカット作成には、いつものミスドさんにて私が店員さんに勧められた
オカワリ用アメリカンコーヒーを約10分おきに殺人的(←大袈裟)に注がれ、約10杯でKOさせられた怒濤の?
下絵描き闘争を合わせると、10時間を超えていました(汗)

漫画でいうところの、たったの一コマですよね?これ!<なぜ聞く?(苦笑)

私自身がペン入れやゴムかけ※に不慣れというのもありますが、単に下手な凝り性なのでしょう(爆)が
仮に漫画を描いていたとしたら、どうなっていたことやら……。
それでは。

※知らない方へ。サークルカットは、文章サークルであっても漫画を描くようにつけペンを使用し折り曲がりにくい紙に書いて内容をアピールします。
プリンタ、白黒印刷は指定されたサイズであればおそらく可。ボールペンは使用不可です
ガチンコ勝負。
パの3強、プレーオフを目前にして0.5ゲーム差でひしめく……か。
とうとう文字通りこの時がやってきましたねwって感じです。

しっかし……。前から言われていることかと思いますが、
日本のプロ野球、もう少し試合数を増やすなり期間を縮めたりしたほうがええんでないの?
と思ったりするのですが……。あと、雨天中止になった試合の順延処理の仕方。順位決まりつつある秋方に延期されてもね……(苦笑)
優勝チーム決定するかしないかの瀬戸際の時期というのに、
9月に入って試合が激減して間延びしてしまって、100%熱が入り切らない自分がいますね。
これからやってくる、パのプレーオフ、日本シリーズについても。
来年はセパ合同で何かやるらしいが、ハテサテどうなることやら。
サークルカットUP
20060911064412

おはようございます。

コミティア東京78(2006年11月12日:東京ビックサイト第4ホール)用の
サークルカットをUPしました(^^)
このカットを描くのになぜか8時間以上かかってしまったわけです、ハイ。
そういったわけで、睡眠1時間で出勤。
ふぅ。やれやれ。
昨日の試合
ホークスの昨日の結果を見ながら、先発投手が当たり前のようにKOされていた頃の
2000年・日本シリーズ第2戦を思い起こしていました。

取りあえず、

実質上の初登板を果たした(一昨日のサプライズはある意味なかったことに……(苦笑))

吉田修司投手が頑張っていたからいいっかぁ~!

なんて、思ったり思わなかったりしていますが
やはり、打者側に一工夫が必要だなと感じた次第です。相手投手に一打席あたり平均ふた桁を投げさせたり、
ランナーが出たらバスターの構えをして揺さぶるなど。
スマート過ぎるような感じがしたもので、言わせていただきました。
あと、うちのチームで売り出し中の田上選手。ランナーが得点圏に立ったらセンターから右方向へ向けて叩き付ける打撃を心掛けるともっといい打者になるのでは?と思います。

それでは。
サプライズ!?
1999年・2000年優勝時の勝利の方程式・吉田修司投手(SH)、
3年振りの一軍登録。そして登板。死球を与え即降板
う~ん(悩)。
そして、元FDHの吉田豊彦投手(現楽天イーグルス)、各球団を渡り歩きながら(→野村阪神→梨田近鉄→田尾楽天→野村楽天)の通算600試合登板。おめでとうございます!
で、この重なり具合、何か意味があるのだろうか?(多分ないです)
パン屋の娘に宛られた一通の手紙
私の小説同人誌・心の扉のイントロ部分。

ようやく出版社さんへの投稿へ向けた作品の編集を始めました。
今日は、地元の駅前にあるミスドさんを大いに活用。D―ポップとなぜか外せないココナツチョコレートを
片手に、序盤における変更後のストーリーの概要をメモ。粘ること約1時間半。
店員さんの勧めによるアメリカンコーヒーは約10杯に及ぶ(爆)
終いには、10分おきに来ていたような感じがしたりしなかったり……(苦笑)
第1巻目に当る『希望の光』の章のキャラクター数を減らし、序盤の枚数を大幅に削除。さらに削る予定。
削除した分、中盤・終盤の重要部分を補充する予定。それで規定内(400字詰め原稿用紙換算150~350枚)に収めるつもりです。
そういえば先日、某所にて冬ミケのサークルカットの下絵をメモ帳に描いていたとき(メモ帳好きです(笑)
とくにダイソーさんに置いてある文庫サイズの切取り式のもの)、そのとき横にいた方に声を掛けられ、
イラストを描いていたので、あずまきよひこさんの話題になりました。
私自身、あずまきよひこさんの絵柄については特に意識していない(ほのぼのとした雰囲気も)のですが、傾向が似てるのかな?
自分ではよく分かりませんな~(笑)
寝転びながら
おこんにちは。

今現在、角川スニーカー大賞へ向けた小説の話の構成を考え中。
時間のある時に寝転びながら頭の中で内容を思い浮かべ、通勤電車の中で手帳に記入する。
注:私は決してヒマ人ではありません(笑)
いままで書いてきたものの中で、これだけは外さないという点をピックアップし、リストに掲げる。
今のところ7項目に及んでいます。
おそらくそれらを中心に話を展開。その他はたとえ世界観が変ることになっても枝葉になるでしょうね。

それでは。
今夜のホークス
勝たせていただいたものの、王監督が直接見ていたら、ナインの皆さんが怒鳴られそうな結果だったような気がします。
でも、それだけ有銘投手が試合を作れた試合だったとも言えた試合だったのでは。
それだけ、杉内投手に対しては試合の流れを引き寄せるようなよりレベルの高い投球内容を期待したいという思いの裏返しでもあったります。

それでは。
Copyright © 比留間鷹森の世界. all rights reserved.