スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【アニメーション】新ヤッターマン第11話感想
……第2期ということで、OPとEDが変わった。
OPはヤッターキングはまだ早いので、カヴァーその2といった位置付けなのでしょう。
……山本氏が直接監修されているとあり、
EDはこれから日本が沈没していくようなイメージで描かれているよう。
そんなイメージは、C級映画の中の世界だけでよろし。明らかに違うように感じますな。
年齢からいって、無理に三悪の中の方々に歌ってくれとは言いませんが、
次回も何やらかすのだろう?と期待を持たせるべき曲であるべきだと思うのですがね。
つづきを表示
スポンサーサイト
【アニメーション】タイムボカン2000怪盗きらめきマン観賞終了
全26話。楽しすぎましたなw
話の長さとしては短くも感じたがちょうどいいくらい。
ヒロインものということで、登場時に背景に映写機を利用したり
きらめきマン側の戦闘用(?)メカ・トッタルニャンも
逃げること優先に造られているようで貧弱。
特にメカ戦は弱いもの同士の対決……といったところ(苦笑)
どちらかといえばほのぼのとしている。
話も後半にさしかかってくると、2号くんは
『○○(地名)の▲▲ちゃんに好評な2号も、ついでによろしく』
と言った台詞で登場してくるのですが、
私の地元の名前が挙げられたときは
さすがに『なにぃ!?』と思いましたよ。

悪が正義側になっても、スカポンタン・
ブタもおだてりゃ木に登る・一番出てきていたオロカブと
三悪の要素が随所で出され、負けると画面いっぱいドクロ雲(笑)
正義の味方がドクロ雲なぞ出すかー!とツッコミしたくなりましたよ。
オロカブの姿をした雲のときもありましたな。
ヒエールとオンドレー(三人組の残り二人)が
オロカブの姿に変えられたりする回もあった。
今回のシリーズ作品では、どこまでもオロカブを
準主役クラスとして出演させたかった模様。
三悪はあくまでも三悪……といったところでしょう。

最終話での『善玉はちょっと肩が(byルージュ様)』と言う台詞。
年季が入っていて、説得力抜群ですw
花の三人組(いつもの三悪)ボスの中の人が
OPテーマの山本氏だったり……w
名古屋弁で思いっきりまくられたら、東京出身の私には……(苦笑)

といったふうに、おいしいところをぎっしり詰め込んだ作品でしたな。
【アニメーション】新ヤッターマン第8話雑感
局に顔パスのワダアッコー……(苦笑)
『目には目を歯には歯を、アッコにはアッコを』……ってか(苦笑)
『オマカセ』……って思いっきり他局ネタだべぇ(苦笑)
おそらく、ほぼ他局のバラエティ番組のネタなんだろうけれどね。
『ようこるん→ようこさん』……ノーコメントで(笑)
チバ県モバラ市……アレンジしなくても構わなかったのだろうか?
地場産業の一環として、いい宣伝材料にはなるだろうけれどね。
ともあれ、話を重ねるごとにお約束のきのこ雲が
大きくなってきていることに一安心。
そういった意見が多数出ているのかもしれませんな。

絵描きとしては、首筋と顎のラインを強調した
アングルのものを参考にしたいところ。
物語を書く際に必要になってくるだろうしね。
使用するシーン次第だと思うけれど、
効果的に使用できれば、見る者の目線を
グッと惹きつけるものと思われる。
つづきを表示
【アニメーション】(ネタバレ)アニメ版ヤッターマン第1話(復活版)を確認
なんだか、私がいつも使っている鉄道車輌ネタと
似たようなタイトルになってしまいましたが(苦笑)
第1話をVHSで予約録画したものを観賞したので、
思ったことをつれづれと。







一言で言えば、東京都心部~臨海部を舞台に
30年前おなじみだったすちゃらかバトルを展開していきます、
といった感じかな。完成50周年を迎えた東京タワーからスタートして
深川付近の大きな橋が出てきたり。
東京都庁をアレンジしたような人気高層ビルとか……ね。
地元の人間としては多摩地区も出してほしいけれど(苦笑)
もしかしたらヒーローたちの隠れ家が
武蔵野の雑木林(独歩の森など)を
モデル地に選んでいるかもしれないが、
とりあえずはいいでしょう。そのうち出てくるかもしれないし(笑)
つづきを表示
Copyright © 比留間鷹森の世界. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。